小児歯科/小児予防

母親目線で、お子様の治療と予防を丁寧に対応します

小児歯科~お子さんの治療の考え方について

歯が生え始める0歳児から永久歯と乳歯が混在時期を経て、永久歯に生え替わるまでのお子様のための治療とケアが小児歯科です。

そうぜん歯科クリニックでは、成長発育期にあるお子様へ、全身的な健やかな成長変化を見据えながら適切な口腔治療やケアを提供しています。

歯医者に行くのが嫌い」と感じるお子様は、治療時の「キーン」という音や「ゴゴゴ」という振動を怖がったり、医院特有の臭い?を嫌がったりする方が多いのも確かです。

最近では治療器具も静かなものに変わってきてはいますが、それでも1回持ったトラウマを払拭させるのは子供には大変だと思います。
そこで、そうぜん歯科クリニックでは、歯医者に慣れることからはじめていきます。
怖がって次に来院するのが嫌にならないように、お子様の歯を治療する前のトレーニングも行っています。

ただし、腫れていたり痛みが出ていたりという緊急時の場合をのぞけば、院内でリラックスして過ごしていただくことを重視します。

二児の母の立場からお子様の気持ちを見据えながら、「歯医者さんなんて全然平気だよ!また来たい!」「歯って大切なんだ!」と感じてくれるよう楽しいケアを進めていきます。

虫歯の治療は、麻酔などを使いなるべく痛みを感じない治療を中心として、優しく丁寧に行いますし、歯並びの咬合誘導や、予防指導・処置なども実施しています。

お子様の歯の予防について

学校・幼稚園などの歯科検診で異常が発見されたり、虫歯などになってしまったときは早めにご来院をお勧めします。
虫歯の進行は、お子様の場合は成人よりもとても早いため、歯髄(神経)まで達している人も多くみられます。早期発見・早期治療を行えば、お子様の身体的負担が軽く済みます。


 予防処置をしっかりとしましょう!
生えてきたばかりの乳歯や永久歯は、前に書いたとおり虫歯になりやすく急激に進行します。特に4~5歳ぐらいまでは十分に気をつける必要があります。なお、虫歯予防の3つのポイントは下記のとおりです。この3つが重なり合うと虫歯を発症するリスクが高くなります。

 歯質の状態をチェック
 お口の中の虫歯菌量を染め出し法でチェック
 毎日の“おやつ”の摂取量をチェック


フッ素(左)とシーラント(右)
フッ素 シーラント

 お子様の予防は『フッ素とシーラント』による処置
生えてきたばかりの乳歯や永久歯は、虫歯になりやすいことと発症後は急激に進行する傾向があります。
そのため、虫歯予防効果が高い「フッ素」の塗布や、歯の噛み合わせ部分を乳歯の奥歯を樹脂で埋める「シーラント処理」をすることで、予防していきます。

小児の予防では、プラーク検査(染め出し)を行って、お子様や保護者の方に確認いただいてから実施していきます。

なお、フッ素の塗布は基本的に年3回程度が目安です。春休み・夏休み・冬休みなどを利用してご来院ください。また受付ではお子様向けのフッ素ジェルも販売しております。

そうぜん歯科クリニック 医院概要

PAGE TOP ▲